Welcome Guest 
メインメニュー
ご注文はうさぎですか?
TVアニメ「ご注文はうさぎですか?」公式サイト
アイドルマスター シンデレラガールズ
TVアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」オフィシャルサイト
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
TVアニメ『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』公式サイト
ゆるゆり
アニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
落第騎士の英雄譚
TVアニメ 落第騎士の英雄譚 公式サイト
てーきゅう
TVアニメ「てーきゅう」
Free!-Eternal Summer-
TVアニメ『Free!』公式サイト
星刻の竜騎士
TVアニメーション「星刻の竜騎士」オフィシャルサイト
中二病でも恋がしたい!戀
TVアニメ『中二病でも恋がしたい!戀』公式サイト
そにアニ
そにアニ
境界の彼方
TVアニメ『境界の彼方』公式サイト
通信用語の基礎知識
通信用語の基礎知識
  • カテゴリ ICT、コンピュータ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - ICT、コンピュータカテゴリのエントリ

maillog (2012年4月号)

カテゴリ : 
ICT、コンピュータ
執筆 : 
Fukuchan 2012/5/20 2:30
maillogから

Apr 15 10:05:31 fukuchan sm-mta[23042]: q3F15UFf023042: ruleset=check_rcpt, arg1=<support@microsoft.com>, relay=114-42-129-86.dynamic.hinet.net [114.42.129.86], reject=550 5.7.1 <support@microsoft.com>... Relaying denied. Proper authentication required.
Apr 15 10:05:31 fukuchan sm-mta[23042]: q3F15UFf023042: lost input channel from 114-42-129-86.dynamic.hinet.net [114.42.129.86] to IPv4 after rcpt
Apr 15 10:05:31 fukuchan sm-mta[23042]: q3F15UFf023042: from=<support@microsoft.com>, size=0, class=0, nrcpts=0, proto=SMTP, daemon=IPv4, relay=114-42-129-86.dynamic.hinet.net [114.42.129.86]

台湾?


Apr 22 01:55:51 fukuchan sm-mta[3743]: q3LGtglY003743: ruleset=check_rcpt, arg1=<spamery@tiscali.it>, relay=[220.248.124.172], reject=550 5.7.1 <spamery@tiscali.it>... Relaying denied. IP name lookup failed [220.248.124.172]
Apr 22 01:55:51 fukuchan sm-mta[3743]: q3LGtglY003743: from=<spamery@tiscali.it>, size=0, class=0, nrcpts=0, proto=ESMTP, daemon=IPv4, relay=[220.248.124.172]
Apr 29 06:06:06 fukuchan sm-mta[27404]: q3SL65sc027404: ruleset=check_rcpt, arg1=<spamery@tiscali.it>, relay=[220.248.124.172], reject=550 5.7.1 <spamery@tiscali.it>... Relaying denied. IP name lookup failed [220.248.124.172]
Apr 29 06:06:06 fukuchan sm-mta[27404]: q3SL65sc027404: from=<spamery@tiscali.it>, size=0, class=0, nrcpts=0, proto=ESMTP, daemon=IPv4, relay=[220.248.124.172]

こっちは大陸かな?


前回のmaillogはこちらです。
http://fukuchan.myhome.cx/modules/d3blog/details.php?bid=93
約1年前にアップグレードしたと思ったら、もう8.3へ上げる時期となりました。
今回上げておけば、約2年は持ちそうなので、しばらく安泰です。

アップグレードの方法については、こちらのサイトを参考にしました。
http://www.freebsd.org/releases/8.3R/installation.html


以下に、freebsd-updateコマンドを使って、8.2から8.3へアップグレードした際の実行例を、
書き留めておきます。参考にどうぞ。

なお、genericな環境でないと、freebsd-updateコマンドは使えません(カーネルを、独自に再構築している環境では使えません)。
genericではない環境では、昔ながらのcvsup(csup)して・・・、という方法になりますので、他のサイトを参照して下さい。

ちなみに、家の場合、Sendmail(/usr/ports/mail/sendmail-sasl)をインストールしているので、
その影響で、通常とは異なっている部分があるかも知れません。
また、一部の内容を伏字・省略しています。

※ 下記の内容は、現在の私のスキルや環境に依存したものですので、参考程度に留めて下さい。


まず、作業前に、最低でも、/etc のバックアップをとりましょう。バックアップをと・り・ま・し・ょ・う!
(大事な事なので、2回言いました)

それと、viエディタの使い方を知らないとダメだよん。

では、スタートです。
# freebsd-update upgrade -r 8.3-RELEASE

Looking up update.FreeBSD.org mirrors... 4 mirrors found.
Fetching metadata signature for 8.2-RELEASE from update3.FreeBSD.org... done.
Fetching metadata index... done.
Fetching 1 metadata patches. done.
Applying metadata patches... done.
Inspecting system... done.

The following components of FreeBSD seem to be installed:
kernel/generic src/base src/bin src/cddl src/contrib src/crypto src/etc
src/games src/gnu src/include src/krb5 src/lib src/libexec src/release
src/rescue src/sbin src/secure src/share src/sys src/tools src/ubin
src/usbin world/base world/catpages world/dict world/doc world/games
world/info world/manpages world/proflibs

The following components of FreeBSD do not seem to be installed:

Does this look reasonable (y/n)? y
Fetching metadata signature for 8.3-RELEASE from update3.FreeBSD.org... done.
Fetching metadata index... done.
Fetching 1 metadata patches. done.
Applying metadata patches... done.
Fetching 1 metadata files... done.
Inspecting system... done.
Fetching files from 8.2-RELEASE for merging... done.
Preparing to download files... done.
Fetching 35167 patches.....10....20....30....40....50....60....70....80....90....
100....110....120....130....140....150....160....170....180....190....
200....210....220....230....240....250....260....270....280....290....
300....310....320....330....340....350....360....370....380....390....
  |
  |
34910....34920....34930....34940....34950....34960....34970....34980....34990....
35000....35010....35020....35030....35040....35050....35060....35070....35080....
35090....35100....35110....35120....35130....35140....35150....35160... done.
Applying patches... done.
Fetching 1531 files... done.
Attempting to automatically merge changes in files... done.

The following file could not be merged automatically: /etc/hosts
Press Enter to edit this file in vi and resolve the conflicts
manually...

リターンキーを押下する。
/etc/hosts を修正する。(他の端末からログインして、/etc/hosts を見ながら修正するのが吉。
以下、可能であれば、同様に確認しながら修正しませう)

::1                     localhost localhost.myhome.cx
127.0.0.1               localhost localhost.myhome.cx
192.168.xxx.xxx         fukuchan.myhome.cx fukuchan
192.168.xxx.xxx         fukuchan.myhome.cx.


修正したら、セーブする。

/var/db/freebsd-update/merge/new//etc/hosts: 5 lines, 159 characters

これ以降は、Sendmail関連のアップデートがいくつかあるため、皆さんの環境では違う内容になるかも知れません。

The following file could not be merged automatically: /etc/mail/sendmail.cf
Press Enter to edit this file in vi and resolve the conflicts
manually...

リターンキーを押して、viエディタで確認・修正します。

# By using this file, you agree to the terms and conditions set
# forth in the LICENSE file which can be found at the top level of
# the sendmail distribution.
#
<<<<<<< current version
=======
# $FreeBSD: src/contrib/sendmail/cf/m4/cfhead.m4,v 1.17.30.3.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
>>>>>>> 8.3-RELEASE
#

######################################################################
######################################################################
#####
#####           SENDMAIL CONFIGURATION FILE

コメント関係の修正だけで済みそうです。
なので、上記の部分を、以下の様に修正してセーブします。

# By using this file, you agree to the terms and conditions set
# forth in the LICENSE file which can be found at the top level of
# the sendmail distribution.
#
# $FreeBSD: src/contrib/sendmail/cf/m4/cfhead.m4,v 1.17.30.3.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
#

######################################################################
######################################################################
#####
#####           SENDMAIL CONFIGURATION FILE
/var/db/freebsd-update/merge/new//etc/mail/sendmail.cf: 1861 lines, 58647 characters

The following file could not be merged automatically: /etc/mail/submit.cf
Press Enter to edit this file in vi and resolve the conflicts
manually...

リターンキーを押して、viエディタで確認・修正します。

# By using this file, you agree to the terms and conditions set
# forth in the LICENSE file which can be found at the top level of
# the sendmail distribution.
#
<<<<<<< current version
=======
# $FreeBSD: src/contrib/sendmail/cf/m4/cfhead.m4,v 1.17.30.3.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
>>>>>>> 8.3-RELEASE
#

######################################################################
######################################################################
#####
#####           SENDMAIL CONFIGURATION FILE

ここも、コメント関係の修正だけで済みそうです。

# By using this file, you agree to the terms and conditions set
# forth in the LICENSE file which can be found at the top level of
# the sendmail distribution.
#
# $FreeBSD: src/contrib/sendmail/cf/m4/cfhead.m4,v 1.17.30.3.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
#

######################################################################
######################################################################
#####
#####           SENDMAIL CONFIGURATION FILE
/var/db/freebsd-update/merge/new//etc/mail/submit.cf: 1441 lines, 40749 characters

The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/group:
--- current version
+++ new version
@@ -1,6 +1,6 @@
-# $FreeBSD: src/etc/group,v 1.35.10.1.6.1 2010/12/21 17:09:25 kensmith Exp $
+# $FreeBSD: src/etc/group,v 1.35.10.2.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
 #
 wheel:*:0:root,himitsu
 daemon:*:1:
 kmem:*:2:
 sys:*:3:
@@ -25,10 +25,11 @@
 uucp:*:66:
 dialer:*:68:
 network:*:69:
 audit:*:77:
 www:*:80:
+hast:*:845:
 nogroup:*:65533:
 nobody:*:65534:
Does this look reasonable (y/n)? y

今回、groupファイルに「hast」が追加されました。

The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/hosts:
--- current version
+++ new version
@@ -1,4 +1,5 @@
 ::1                    localhost localhost.myhome.cx
 127.0.0.1              localhost localhost.myhome.cx
 192.168.xxx.xxx        fukuchan.myhome.cx fukuchan
 192.168.xxx.xxx        fukuchan.myhome.cx.
+
Does this look reasonable (y/n)? y

hostsファイルを修正する際、最終行に改行を入れてしまったので、
律儀に聞かれてしまいました。
そのままハイです。

The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/inetd.conf:
--- current version
+++ new version
@@ -1,6 +1,6 @@
-# $FreeBSD: src/etc/inetd.conf,v 1.73.10.2.6.1 2010/12/21 17:09:25 kensmith Exp $
+# $FreeBSD: src/etc/inetd.conf,v 1.73.10.2.8.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
 #
 # Internet server configuration database
 #
 # Define *both* IPv4 and IPv6 entries for dual-stack support.
 # To disable a service, comment it out by prefixing the line with '#'.
Does this look reasonable (y/n)? y
The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/mail/mailer.conf:
--- current version
+++ new version
@@ -1,6 +1,6 @@
-# $FreeBSD: src/etc/mail/mailer.conf,v 1.3.36.1.6.1 2010/12/21 17:09:25 kensmith Exp $
+# $FreeBSD: src/etc/mail/mailer.conf,v 1.3.36.1.8.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
 #
 # Execute the "real" sendmail program, named /usr/libexec/sendmail/sendmail
 #
 sendmail       /usr/local/sbin/sendmail
 send-mail      /usr/local/sbin/sendmail
Does this look reasonable (y/n)? y
The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/mail/sendmail.cf:
--- current version
+++ new version
@@ -1,16 +1,17 @@
 #
-# Copyright (c) 1998-2004, 2009 Sendmail, Inc. and its suppliers.
+# Copyright (c) 1998-2004, 2009, 2010 Sendmail, Inc. and its suppliers.
 #      All rights reserved.
 # Copyright (c) 1983, 1995 Eric P. Allman.  All rights reserved.
 # Copyright (c) 1988, 1993
 #      The Regents of the University of California.  All rights reserved.
 #
 # By using this file, you agree to the terms and conditions set
 # forth in the LICENSE file which can be found at the top level of
 # the sendmail distribution.
 #
+# $FreeBSD: src/contrib/sendmail/cf/m4/cfhead.m4,v 1.17.30.3.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
 #

 ######################################################################
 ######################################################################
 #####
@@ -25,14 +26,14 @@
 #####  DO NOT EDIT THIS FILE!  Only edit the source .mc file.
 #####
 ######################################################################
 ######################################################################

-#####  $Id: cfhead.m4,v 8.120 2009/01/23 22:39:21 ca Exp $  #####
+#####  $Id: cfhead.m4,v 8.121 2010/01/07 18:20:19 ca Exp $  #####
 #####  $Id: cf.m4,v 8.32 1999/02/07 07:26:14 gshapiro Exp $  #####

-#####  $FreeBSD: src/etc/sendmail/freebsd.mc,v 1.37.2.2.4.1 2010/12/21 17:09:25 kensmith Exp $  #####
+#####  $FreeBSD: src/etc/sendmail/freebsd.mc,v 1.37.2.3.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $  #####

 #####  $Id: freebsd6.m4,v 1.1 2005/06/14 02:16:35 gshapiro Exp $  #####


 #####  $Id: generic.m4,v 8.15 1999/04/04 00:51:09 ca Exp $  #####
@@ -84,11 +85,11 @@





-#####  $Id: proto.m4,v 8.741 2009/12/11 00:04:53 ca Exp $  #####
+#####  $Id: proto.m4,v 8.744 2010/11/23 20:29:47 guenther Exp $  #####

 # level 10 config file format
 V10/Berkeley

 # override file safeties - setting this option compromises system security,
@@ -185,11 +186,11 @@

 # authinfo list database: contains info for authentication as client
 Kauthinfo hash /etc/mail/auth/client-info.db

 # Configuration version number
-DZ8.14.4
+DZ8.14.5


 ###############
 #   Options   #
 ###############
@@ -1162,11 +1163,10 @@
 R<ERROR:$+> <$*>               $#error $: $1
 R<$* <TMPF>> <$*>              $#error $@ 4.3.0 $: "451 Temporary system failure. Please try again later."
 R<$+> <$*>             $#error $: $1


-
 ######################################################################
 ###  check_mail -- check SMTP `MAIL FROM:' command argument
 ######################################################################

 SLocal_check_mail
Does this look reasonable (y/n)? y

前回のアップグレードに比べて、変更点が多いかな?
と言っても、ほとんどがコメント部分。

Sendmailの設定ファイルのバージョン(DZ)が、8.14.4から8.14.5に上がった様です。

The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/mail/submit.cf:
--- current version
+++ new version
@@ -1,16 +1,17 @@
 #
-# Copyright (c) 1998-2004, 2009 Sendmail, Inc. and its suppliers.
+# Copyright (c) 1998-2004, 2009, 2010 Sendmail, Inc. and its suppliers.
 #      All rights reserved.
 # Copyright (c) 1983, 1995 Eric P. Allman.  All rights reserved.
 # Copyright (c) 1988, 1993
 #      The Regents of the University of California.  All rights reserved.
 #
 # By using this file, you agree to the terms and conditions set
 # forth in the LICENSE file which can be found at the top level of
 # the sendmail distribution.
 #
+# $FreeBSD: src/contrib/sendmail/cf/m4/cfhead.m4,v 1.17.30.3.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
 #

 ######################################################################
 ######################################################################
 #####
@@ -25,20 +26,19 @@
 #####  DO NOT EDIT THIS FILE!  Only edit the source .mc file.
 #####
 ######################################################################
 ######################################################################

-#####  $Id: cfhead.m4,v 8.120 2009/01/23 22:39:21 ca Exp $  #####
+#####  $Id: cfhead.m4,v 8.121 2010/01/07 18:20:19 ca Exp $  #####
 #####  $Id: cf.m4,v 8.32 1999/02/07 07:26:14 gshapiro Exp $  #####
-#####  $FreeBSD: src/etc/sendmail/freebsd.submit.mc,v 1.7.2.2.4.1 2010/12/21 17:09:25 kensmith Exp $  #####
+#####  $FreeBSD: src/etc/sendmail/freebsd.submit.mc,v 1.7.2.3.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $  #####
 #####  $Id: msp.m4,v 1.33 2004/02/09 22:32:38 ca Exp $  #####

 #####  $Id: no_default_msa.m4,v 8.2 2001/02/14 05:03:22 gshapiro Exp $  #####


-
-#####  $Id: proto.m4,v 8.741 2009/12/11 00:04:53 ca Exp $  #####
+#####  $Id: proto.m4,v 8.744 2010/11/23 20:29:47 guenther Exp $  #####

 # level 10 config file format
 V10/Berkeley

 # override file safeties - setting this option compromises system security,
@@ -113,11 +113,11 @@

 D{MTAHost}[127.0.0.1]


 # Configuration version number
-DZ8.14.4/Submit
+DZ8.14.5/Submit


 ###############
 #   Options   #
 ###############
@@ -992,11 +992,10 @@
 R< d > $*              $@ deferred
 R< $* > $*             $: $2



-
 ######################################################################
 ###  check_mail -- check SMTP `MAIL FROM:' command argument
 ######################################################################

 SLocal_check_mail
Does this look reasonable (y/n)? y

ここも、設定ファイル(DZ)の変更です。

The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/manpath.config:
--- current version
+++ new version
@@ -1,6 +1,6 @@
-# $FreeBSD: src/gnu/usr.bin/man/manpath/manpath.config,v 1.26.2.1.6.1 2010/12/21 17:09:25 kensmith Exp $
+# $FreeBSD: src/gnu/usr.bin/man/manpath/manpath.config,v 1.26.2.1.8.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
 #
 # This file is read by manpath(1) to configure the mandatory manpath,
 # optional manpath and to map each path element to a manpath element.
 # The format is:
 #
Does this look reasonable (y/n)? y
The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/master.passwd:
--- current version
+++ new version
@@ -1,6 +1,6 @@
-# $FreeBSD: src/etc/master.passwd,v 1.40.22.1.6.1 2010/12/21 17:09:25 kensmith Exp $
+# $FreeBSD: src/etc/master.passwd,v 1.40.22.2.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
 #
 root:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx:0:0::0:0:Charlie &:/root:/bin/csh
 toor:*:0:0::0:0:Bourne-again Superuser:/root:
 daemon:*:1:1::0:0:Owner of many system processes:/root:/usr/sbin/nologin
 operator:*:2:5::0:0:System &:/:/usr/sbin/nologin
@@ -18,10 +18,11 @@
 _pflogd:*:64:64::0:0:pflogd privsep user:/var/empty:/usr/sbin/nologin
 _dhcp:*:65:65::0:0:dhcp programs:/var/empty:/usr/sbin/nologin
 uucp:*:66:66::0:0:UUCP pseudo-user:/var/spool/uucppublic:/usr/local/libexec/uucp/uucico
 pop:*:68:6::0:0:Post Office Owner:/nonexistent:/usr/sbin/nologin
 www:*:80:80::0:0:World Wide Web Owner:/nonexistent:/usr/sbin/nologin
+hast:*:845:845::0:0:HAST unprivileged user:/var/empty:/usr/sbin/nologin
 nobody:*:65534:65534::0:0:Unprivileged user:/nonexistent:/usr/sbin/nologin
Does this look reasonable (y/n)? y

groupファイル同様に、「hast」ユーザの追加です。

The following changes, which occurred between FreeBSD 8.2-RELEASE and
FreeBSD 8.3-RELEASE have been merged into /etc/passwd:
--- current version
+++ new version
@@ -1,6 +1,6 @@
-# $FreeBSD: src/etc/master.passwd,v 1.40.22.1.6.1 2010/12/21 17:09:25 kensmith Exp $
+# $FreeBSD: src/etc/master.passwd,v 1.40.22.2.2.1 2012/03/03 06:15:13 kensmith Exp $
 #
 root:*:0:0:Charlie &:/root:/bin/csh
 toor:*:0:0:Bourne-again Superuser:/root:
 daemon:*:1:1:Owner of many system processes:/root:/usr/sbin/nologin
 operator:*:2:5:System &:/:/usr/sbin/nologin
@@ -18,10 +18,11 @@
 _pflogd:*:64:64:pflogd privsep user:/var/empty:/usr/sbin/nologin
 _dhcp:*:65:65:dhcp programs:/var/empty:/usr/sbin/nologin
 uucp:*:66:66:UUCP pseudo-user:/var/spool/uucppublic:/usr/local/libexec/uucp/uucico
 pop:*:68:6:Post Office Owner:/nonexistent:/usr/sbin/nologin
 www:*:80:80:World Wide Web Owner:/nonexistent:/usr/sbin/nologin
+hast:*:845:845:HAST unprivileged user:/var/empty:/usr/sbin/nologin
 nobody:*:65534:65534:Unprivileged user:/nonexistent:/usr/sbin/nologin
Does this look reasonable (y/n)? y

上に同じ。


以下、かなり長いです。
ケンシロウになりきり、ひたすらスペースキーを連打します。
たぶん途中でアンニュイな世界になるので、'G'(大文字のジー)を、何回か押して行けば、早く終わると思います。

The following files will be removed as part of updating to 8.3-RELEASE-p0:
/usr/include/netinet/sctp_cc_functions.h
/usr/include/nfsclient/krpc.h
/usr/include/nfsclient/nfsdiskless.h
/usr/src/cddl/contrib/opensolaris/lib/libzfs/common/libzfs_graph.c
/usr/src/contrib/csup
/usr/src/contrib/csup/GNUmakefile
/usr/src/contrib/csup/Makefile
/usr/src/contrib/csup/README
/usr/src/contrib/csup/TODO
/usr/src/contrib/csup/attrstack.c
/usr/src/contrib/csup/attrstack.h
/usr/src/contrib/csup/config.c
/usr/src/contrib/csup/config.h
/usr/src/contrib/csup/csup.1
  |
  |
The following files will be added as part of updating to 8.3-RELEASE-p0:
/boot/kernel/cc_chd.ko
/boot/kernel/cc_chd.ko.symbols
/boot/kernel/cc_cubic.ko
/boot/kernel/cc_cubic.ko.symbols
/boot/kernel/cc_hd.ko
/boot/kernel/cc_hd.ko.symbols
/boot/kernel/cc_htcp.ko
/boot/kernel/cc_htcp.ko.symbols
/boot/kernel/cc_vegas.ko
/boot/kernel/cc_vegas.ko.symbols
/boot/kernel/esp.ko
/boot/kernel/esp.ko.symbols
  |
  |
The following files will be updated as part of updating to 8.3-RELEASE-p0:
/.cshrc
/.profile
/COPYRIGHT
/bin/[
/bin/cat
/bin/chflags
/bin/chio
/bin/chmod
/bin/cp
/bin/csh
/bin/date
/bin/dd
/bin/df
/bin/domainname
  |
  |
/usr/src/usr.sbin/zzz/Makefile
/usr/src/usr.sbin/zzz/zzz.8
/usr/src/usr.sbin/zzz/zzz.sh
/var/db/mergemaster.mtree
/var/named/etc/namedb/master/empty.db
/var/named/etc/namedb/master/localhost-forward.db
/var/named/etc/namedb/master/localhost-reverse.db
/var/named/etc/namedb/named.conf
/var/named/etc/namedb/named.root
/var/yp/Makefile.dist

もう一度「freebsd-update install」を行います。

# freebsd-update install
Installing updates...
Kernel updates have been installed.  Please reboot and run
"/usr/sbin/freebsd-update install" again to finish installing updates.

再起動します。

# shutdown -r now

更にもう一度、「freebsd-update install」を行い、ユーザランドのコンポーネントをインストールします。

# freebsd-update install
Installing updates... done.

FreeBSD 7.4以前のバージョンからアップグレードする場合は、このポイントでアプリのリビルドをした後に、
もう一度「freebsd-update install」が必要らしいっす。

環境によっては、とんでもない作業時間になるっぽいです。
努力と根性の意味を再認識する事になりますので、覚悟しておきましょう。

今回は、8.2からのアップグレードなので、特に何もしません。

再起動をします。

# shutdown -r now
# uname -a
FreeBSD fukuchan.myhome.cx 8.3-RELEASE FreeBSD 8.3-RELEASE #0: 
Mon Apr  9 21:47:23 UTC 2012
     root@almeida.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC  i386

この後、システムやサービスが正常に動作しているか、確認をして下さい。
また、/var/log 配下のログを、一通り見て、エラーやワーニングがないか確認しましょう。

前回、アップグレードした時は、/var/log/maillog に「alias database /etc/mail/aliases.db out of date」が発生していたのですが、
今回は起きていない模様?
でも相変わらず、aliases とaliases.db のタイムスタンプがひっくり返っています。

/etc/mail/aliases を確認すると「hast: root」が追加されていました。

念のため、おまじないです。

# newaliases

確認です。
# cd /etc/mail
# ls -ltr aliases*

おしまい。
ご苦労様でした。

Sambaが立ち上がらない?

カテゴリ : 
ICT、コンピュータ
執筆 : 
Fukuchan 2012/5/5 22:58
FreeBSDのPythonに脆弱性が発見されたのでアップデートしたのですが、
何を血迷ったか、つい、依存portsのSambaも再インストールしちゃった訳でして。

まぁ、そこまでは良いとして。
問題は、その先。

リブートしたら「あれ、Samba いないやん?」
ps ax しても、起動してない! なして?
狐につままれた感じに。

仕方がないので、/usr/local/etc/rc.d のsambaでstatusを見てみると

# ./samba status
Cannot 'status' samba. Set winbindd_enable to YES in /etc/rc.conf or use 'onestatus' instead of 'status'.

そうですか。

# ./samba onestatus
nmbd is not running.
smbd is not running.
winbindd is not running.

なんでや?
今まで、winbind なんか意識してなかったですぞ。
Sambaのバージョンも、上げた訳ではありませぬ。
狐に化かされた気持ちですが、/etc/rc.confに以下を追加しました。
samba_enable="YES"     ← 元々、あった設定
winbindd_enable="YES"  ← 今回、追加した設定

参考にさせて頂いたサイトです。
http://blog.still-laughin.com/archives/2012/01/winbindd.html

これで、無事に起動する様になりました。
感謝ですぅ。


その後・・・

Samba に脆弱性が発見されたので、アップデートしたんですが、
「winbindd_enable="YES"」をrc.conf に記述しなくても、また立ち上がる様になりました。

今回の件って、もしかしてこれかなぁ?
http://www.freebsd.org/cgi/cvsweb.cgi/ports/net/samba35/Makefile

Makefile の履歴に、こんな記述が。
Revision 1.11: download - view: text, markup, annotated - select for diffs
Fri Apr 13 09:15:59 2012 UTC (HH hours, MM minutes ago) by dougb
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
Diff to: previous 1.10: preferred, colored
Changes since revision 1.10: +1 -1 lines

The samba rc.d script uses some clever tricks to start (up to) 3 different
services using the same script. As a result it resets rcvar several times
in order to process the options for each service.

The changes I made on 2012/01/14 to facilitate the removal of set_rc_var()
from HEAD were effective in the case where the WINBIND option was off (the
case that I tested) because that causes the related portions of the rc.d
script to be removed completely on install. However, if installed from a
package, or installed using the the default OPTIONS, WINBIND is on, which
caused the last known rcvar to be winbind_enable.

Since the common case seems to be for users to use samba_enable (which
only enables smb_and nmb_ by default) the fact that rcvar=winbind_enable,
but that knob is off, caused the startup script to trip on a totally
unrelated portion of rc.subr.

So the fix is to move processing of the winbind_ stuff first, which leaves
the last known rcvar as smb_enable. Since running nmb without smb is a
very unlikely scenario, this should be safe for the common case, as well
as safe if the user enables winbind_.

Apologies all around for not catching this sooner, and thanks to the users
who reported the problem and stuck with me while I debugged it.

Bump PORTREVISION since this fix is needed for the common case, as
configured for the package.

あっ、だめ。訳せない。orz
結局、2012/01/14~04/13辺りでインストールした場合、「winbindd_enable="YES"」が必要だったって事になるんすかね?

ちょっとお騒がせな事象でした。

新PC(Windows 7)の導入 Vol.6

カテゴリ : 
ICT、コンピュータ
執筆 : 
Fukuchan 2012/4/19 22:13
やっと、XPから7へ移行しました。

移行で難しいのは、メールやスケジュールソフト等の、頻繁に使用しているアプリの移行です。
この手のソフトは常用しているため、サクッとやらないといけないので、タイミングが難しいです。

使用期間が長いと、当然、データもたまっているので、コピるのにも時間がかかります。
私の場合、メールのデータだけで、数百メガありました。

で、7に移行して、なにか良い事があったかというと・・・、うぅ~ん?
起動が遅いなぁ。

phpMyAdminのアップデート

カテゴリ : 
ICT、コンピュータ
執筆 : 
Fukuchan 2012/4/7 21:58
ちょっと前の話ですが、phpMyAdminに脆弱性が発見されました。
http://portaudit.FreeBSD.org/fdd1c316-5a3d-11e1-8d3e-e0cb4e266481.html
http://portaudit.FreeBSD.org/a81161d2-790f-11e1-ac16-e0cb4e266481.html

さっそくアップデートしたのですが、これを機に、使用している拡張モジュールを、
php5-mysqlからphp5-mysqliに変更しました。

FreeBSDでの、インストール時のデフォルトも、MYSQLIの様ですし。

lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk
x                 Options for phpMyAdmin 3.4.10.1                    x
x lqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqk x
x x        [ ] SUPHP    suPHP support                              x x
x x        [X] BZ2      bzip2 library support                      x x
x x        [X] GD       GD library support (requires X11)          x x
x x        [ ] MYSQL    MySQL support via mysql client             x x
x x        [X] MYSQLI   Improved MySQL client support              x x
x x        [X] OPENSSL  OpenSSL support                            x x
x x        [X] PDF      PDFlib support                             x x
x x        [X] ZLIB     ZLIB support                               x x
x x        [X] MCRYPT   MCrypt library support                     x x
x x        [X] ZIP      Zip compression support                    x x
x x        [X] APC      APC (animated progress bar) support        x x
x x                                                                x x
mqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqj
※ このカキコをしている時点では、最新のバージョンは、3.4.10.2 になります。


ちなみに、portmaster -L の結果でも、ちょっと小言を言われます。

===>>> phpMyAdmin-3.4.9
        ===>>> New version available: phpMyAdmin-3.4.10.1
        ===>>> This port is marked BROKEN
        ===>>> phpMyAdmin-3.4.10.1 needs at least one of WITH_MYSQL or WITH_MYSQLI in order to work

って事で、インストール時に、オプションを聞いてくるようにしたいので、
phpMyAdminのアップデート前に、下記のファイルを削除しておきます。

/var/db/ports/phpMyAdmin配下のoptionsファイル

こうすると、portmaster -L しても、小言は言われなくなります。


前に、config.inc.phpにおいて

$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli';

$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysql';

と修正していましたが、これもインストール後に、元の状態(デフォルト)に戻しました。


実は、phpMyAdminをアップデートすると、PCREもアップデートの対象になる可能性が高いです。
今回、PCREに大きな変更が入ったので、めっちゃ注意が必要です。

phpMyAdminのアップデートの前に、PCREだけ先にアップデートしておいた方が良いかも。

PCREアップデートの注意点
http://gihyo.jp/admin/clip/01/fdt/201202/16
http://gihyo.jp/admin/clip/01/fdt/201202/17

上記サイトの説明では「LOCALBASE=/usr/local」の指定をしていますが、
私が作業した際は、特にLOCALBASE の指定をしなくても、きちんと、古いライブラリを退避してくれました。


ちなみに、今回のアップデートでは、ApacheやPHP関連も依存対象でしょうから、大がかりな話になります。
作業時間に注意しましょう。
延び延びになっていましたが、本サイトのXCLのバージョンを、2.1系から2.2系にアップグレードしました。
でも、普通に使っている分には、見た目は変わりなしです。(逆に変わったら困るけど)
ちなみに、管理画面に入ると違いが分かります。

実は、フッターが古いままなので、少し魔改造しました。
該当するファイルは以下の通り。

XOOPS_ROOT_PATH/themes/使用しているテーマのディレクトリ/themes.html

このファイル中の一番下にフッターの記述があるので、そこを書き換えましょう。

書き換えたら、管理メニューに入って、「互換モジュール」-「全般設定」で、
「themes/ ディレクトリからの自動アップデートを有効にする」を、「はい」にして「送信」します。
一度、管理メニューを抜けて、トップページを、再読み込みで表示させます。
その後「themes/ ディレクトリからの自動アップデートを有効にする」を、「いいえ」に戻して「送信」します。

これで、フッターの表示が変更されます。

新PC(Windows 7)の導入 Vol.5

カテゴリ : 
ICT、コンピュータ
執筆 : 
Fukuchan 2012/3/26 0:41
今までは、XPの32bit版でしたが、これからは、7の64bit版です。
使用していたソフトについて、64bit版対応の状況を調べる必要があります。

ネットの書き込みによると、ほとんどのアプリが64bit版でも動作しそうです。
最終的には、自分で判断する必要がありますが、これって結構な手間ですね。

企業などでも、7導入のタイミングで、64bit版に移行する所も出てくると思いますが、
アプリの動作検証やデータの移動は、場合によっては大仕事になるかもです。

ただ、7が発売されたのが2009年10月下旬で、もう2年以上経つので、
移行期としては、ちょうど良いタイミングかな?
不定期刊行。
Webサーバのログから、各Windows(7、Vista、XP)のバージョンの使用率が、どれくらいの割合(シェア)か、調査する件であります。

バージョン実測値(行)比率(%)
Windows XP198151.53
Windows Vista2195.7
Windows 7164442.77
※ 調査対象期間:2012/02/02~2012/02/29

じわじわと、7のシェアが上がってきました。
7とXPのシェアが逆転するのは、もはや時間の問題となってきました。
家のサイトの場合は法人関係者の閲覧も多いため、個人使用者を加味すると、7のシェアは、すでにXPを抜いているんでしょうけど。

他の方の調査データはこちらから。
http://mbsupport.dip.jp/mb/wvb_48.htm
http://www.best-worst.net/news_QYEmz4HDa.html

これから、企業で新PCを導入するとなると、悩ましいのが、Windows 8の存在ですね。
ただ、使用中のアプリケーションの動作検証を考えると、Windows 8の本格的な導入は、来年以降かな。

実は、もっと大きな問題があって、それはXPです。
延長サポートの期限が、2014年4月ですから、今回(2012年4月)を含めても、年度切り替えのタイミングが、残り3回しかありません。
年度予算の事を考えた場合、この3回で、会社にある全てのXPをリプレースしないといけなくなります。
これは負担が大きいかも。

Vistaの導入を控えてきた会社も多いですから、その分のしわ寄せが、いよいよ来たーって感じです。
なにしろ、今でも半分のPCがXPな訳ですから。

これを機に、オープンソースなOSに移行する所も、出てくるかも知れませんね。
メールやアプリは、クラウドもありって事で。
過去の資産のしがらみで、現実には、山あり谷ありかも知れませんが。


ちなみに、前回のデータはこちらです。
http://fukuchan.myhome.cx/modules/d3blog/details.php?bid=79
/usr/ports/UPDATING より
20120311:
  AFFECTS: users of lang/perl5.8 and lang/perl5.10
  AUTHOR: linimon@FreeBSD.org

  lang/perl5.8 and lang/perl5.10 have been restored from the Attic
  in order to give a FreeBSD-style deprecation cycle.  However, users
  are advised to upgrade to perl5.12 as soon as feasible.

20120308:
  AFFECTS: users of lang/perl5.8 and lang/perl5.10
  AUTHOR: pgollucci@FreeBSD.org

  lang/perl5.8 and lang/perl5.10 have been removed since they've
  been EOL upstream for 3yrs and 2yrs respectively.  The default
  of lang/perl5.12 has not changed (yet).  Conditional checks for
  perl < 5.12 have been removed.  UNLESS you have PERL_VERSION=5.8.x
  or PERL_VERSION=5.10.x in /etc/make.conf you need take no action.
  If you do, you will have to recompile all perl dependant ports after
  updating your ports tree.  Please see entry 20110517 for help.
perlの5.8と5.10が一時、消えてました。
何があったのかな?
誰かが突っ走ったんでしょうか。
復活したからいいけど。

ここを参照(2012年3月8日~11日の付近)
http://www.freebsd.org/cgi/cvsweb.cgi/ports/lang/perl5.8/Makefile
http://www.freebsd.org/cgi/cvsweb.cgi/ports/lang/perl5.10/Makefile

POLA(Principle of least astonishment)なんて用語があるんですね。
日本語にすると「驚き最小の原則」だそうで。


しかし、5.8や5.10は、近い将来、portsから削除されるんでしょうね。
「users are advised to upgrade to perl5.12 as soon as feasible.」なんて書いてあるし。
サイト運営者は、そろそろ、アップグレードの計画を考えた方がよいかも。
詳しくはこちらから
http://www.atmarkit.co.jp/news/201201/06/hashdos.html

実は、PHPにも同じ脆弱性があったので、ちょっと前に対策した訳ですが、
Rubyの場合、リソースの少ないPC(FreeBSD)でコンパイルすると、一日で終わらないという状況になります。
正直、閉口するので躊躇したいんですが、そうも言ってられない訳で。

ちなみに、うちにあるPCのうち、1台は1997年製です。
普通のPCならば、アップデート作業に数分~30分くらいで終わると思います。

うちのサイトの場合、Rubyに依存しているportsはportupgradeだけなので、
この際、portupgradeからportmasterに移行する事にしました。
よって、Rubyはアンインストールです。
ただ今、移行に備えて修行中です。
ブログ カレンダー
« « 2017 3月 » »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
カテゴリ一覧
検索
D.S. -Dal Segno-
D.S. -Dal Segno-
リプキス
甘えかたは彼女なりに。
恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~
AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定!
Powered by XOOPS Cube Legacy 2.2 © 2001-2009 XOOPS Cube日本サイト